ページID:12494

公開日:2020年12月10日

ここから本文です。

さぬき米おいでまい

「おいでまい」とは

【概要】

 香川県オリジナル米「おいでまい」は、県農業試験場が香川県の気候・風土に合わせて開発し、2014年に品種登録されたブランド米です。品種名「おいでまい」については、「香川県で生まれた新しいお米を多くの人に食べてほしい、また、食べに来てほしい。」との願いを込めて、やわらかい讃岐弁で表現しています。
 つや、粒ぞろいが良く、米の食味ランキングにおいて最高ランクの「特A」を通算5回獲得するなど、おいしさは折り紙付きです。弾力のある食感で冷めてもおいしく、おにぎりやおすし、丼物、チャーハンなどにも最適です。県内の多くの学校給食に使われるなど、県民米として親しまれています。

「おいでまい」紹介リーフレット(PDF:2,635KB)

 

【主な栽培地域】丸亀市、綾川町、善通寺市、高松市、多度津町等

【栽培面積(R3)】1,330ha

【生産量(R3)】6,380t

【シンボルマーク】

「おいでまい」シンボルマーク「おいでまい」にはシンボルマークがあります。おいしさとともにぜひ覚えてネ。
(シンボルマークの意味)輝く太陽のもとで育った様を外円、その中に丸みを帯びた米の様を描いており、その笑顔から、皆様に親しまれ、食することで元気になる様を表現しています。

「おいでまい」シンボルマークはJA香川県の登録商標です。使用にあたってはJA香川県への申請と承認が必要です。
詳しくは、JA香川県営農部販売戦略課(TEL:087-818-4109)にお問い合わせ下さい。

【キャッチコピー】いただきます! ごちそうさま! わが家はいつも おいでまい

みんなdeおいでまいダンス

関連ニュース

関連リンク

このページに関するお問い合わせ

さぬき米おいでまい